カトパン芸人!餅田コシヒカリ体型と顔のギャップが面白い!ダイエット成功でかわいい姿に

みなさん「駆け抜けて軽トラ」って知っていますか?

毎年12月31日放送される「ぐるないおもしろ荘2020」に出演し、一気に注目された芸人です。今年は、ブレイクすると言われています。「駆け抜けて軽トラ」は、2017年結成松竹芸能所属、小野島と餅田のお笑い男女ユニットです。

コンビ結成前は、お互い違うコンビを組んでおり、解散後フリーになりそれぞれピン芸人で活動してたこともあり、キャラはインパクト大です。特に、餅田コシヒカリは、「松竹芸能のカトパン」と言われるほど顔は美人。だけど、体型がタプタプの肉付き!

今回は、餅田コシヒカリの体型と顔のおもしろさをまとめたいと思います。

餅田コシヒカリのプロフィールと経歴

まずは、餅田コシヒカリのプロフィールから紹介したいと思います。

本名:持田ひかり

生年月日:1994年4月18日

出身地:宮城県仙台市

身長:149cm 体重:86kg

趣味:食べ歩き、読書、即興ミュージカル、即興作曲

特技:耳コピ、ピアノ(17年)声楽(6年)ゴスペル(2年)絶対音感、着痩せ格安コーディネーター

18歳の時、俳優の専門学校に通うため上京し、恩師の勧めでお笑い芸人を目指しました。2015年4月に松竹芸能タレントスクール東京校に入校し「ゆーや」さんとともに男女コンビ「棚からブタもち」を結成。

わずか2年で解散してしましました。

それから、ピン芸人として活動して2017年小野島徹に出会い「駆け抜けて軽トラ」を結成しました。餅田コシヒカリの芸名由来は、「お米のように愛される誰もが知るコシヒカリのような存在になりた」と思ったのがきっかけ。本名も、持田(もちだ)であることも由来していると私は思います。



持田コシヒカリの体型と顔ギャップがおもしろい

餅田さんはのプロフィールを見ると、身長149cmと小柄、でも体重が86kgというギャップがまず目を引きますね。顔はかわいいのに体型は、わがままボディってやつです。顔は、小さくて体はゆるゆるな体型で千と千尋の神隠しに出てくるネズミ体型と言うのでしょうか?

この体型が、餅田コシヒカリさんの強みでもあります。

「松竹芸能のカトパン」と言われるだけあって顔も小さいし、目も大きくお肌もすべすべでとってもかわいいですね。とてもモテてるそうで昔は、5股していたそうです。本人は、「ことわれない性格」だと証言してましたが、男性もカトパン似なら自慢の彼女ですよね。

女優になれるくらいの美人さんです。ご両親は、オーケストラ奏者という音楽一家のため、幼少期からピアノを習い、声楽を勉強していました。声楽は6年間続け、「合唱全国コンクール2位」の実力をもつ餅田。お嬢様で美人さんです。

しかし、体型はお腹がパンパンなんです。

残念な事に、体はお肉たっぷりでビックリ!この体型だど服をきていなくてもいやらしさがないので不思議ですね。下着は履いているのですが、お腹の肉が邪魔で履いているのかわかりません。

でも、安心してください!履いてますよ!

本当にこんな事ってあるのでしょうか?!このお腹にスズを挟んでネタをするなんて誰もマネできませんよ!

お腹にはこんなに肉があるのに、顔だけ肉がないのですから、そのギャップが餅田コシヒカリの強みです。体型と顔だけでもう面白いですからね。本人は女優を夢見て専門学校通っていたのかもしれませんが、今となると恩師に感謝ですね!

昔から体型は、ぽっちゃりな方だったので小学校のあだ名は「軽トラ」だったと以前番組でお話していました。ユニット名が「駆け抜けて軽トラ」の由来は、そこからきているではないでしょうか!?



餅田コシヒカリ4ヶ月でマイナス22kgのダイエットに成功!

一番太っていた時期には、94kg体重があった餅田コシヒカリ。私生活で、彼氏に「上半身はカトパンだけど、立ったら違うし無理」と言われふられたことから、ダイエットを決意。

ダイエット方法は簡単です。

・肉、卵、チーズを中心に食事をする

・一口ごとに30回噛む事

さらにジムでの運動+自宅でペットボトルを使って筋トレを4ヶ月続け、マイナス22キロという驚異的なダイエットに成功したのです。

体重が減ったことで、顔のフェイスラインもすっきりし、二重まぶたもはっきり見えカトパンにますます近づけてうれしい効果もありました。

94kgから72kgまだまだ、理想のには程遠いですが痩せたら、もっともっとカトパンに近づいて、かわいいのがわかりました。

結局、その後リバンドしちゃいました。



餅田コシヒカリは、TV番組TEPPENでカトパンと共演で号泣!

餅田コシヒカリは、2019年1月放送『芸能界特技王決定戦 TEPPEN』(フジテレビ系)で、カトパンと共演を果たしていました。幼少期からピアノを習い、父親はオーケストラ演奏者。優勝候補の餅田コシヒカリ。

得意なピアノを披露したけれど、実はそれ以上に、憧れのカトパンに出会えた事に号泣したそうです。

餅田コシヒカリは、ある角度になるとカトパン似になります。それがこの角度!お得意ポーズでツイッターにあげてます。

一方、カトパンも餅田コシヒカリに会えた嬉しさをコメントしています。

「初対面ー!! 笑 餅田コシヒカリさん TEPPENの収録でご一緒しました!!」「自分が2人、、、笑 テレビでいつも見ていたので会った時ドキドキしちゃった 笑」

引用:マイナビ

「ドキドキしちゃった」なんてカトパンは、やはりかわいい方です。これで二人は、公認の仲となりました。

「私にとって加藤さんは人生を変えてくれた方です 感謝の気持ち伝えれるよう、日々精進してまいります!!!!早く売れたい!!売れるぞ!!!」とアメブロでコメントしていました。

あれから約一年。2019年12月14日放送のフジテレビの人気番組『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』で優勝を果たしました。売れましたよ!

年末には、「ぐるナイおもしろ荘2020」に出場し、「顔はカトパン顔から下はパンパン」と体型をいじられ、出演してた田中圭に「面白かったです。インパクト、ヤバい」と賞賛し、餅田コシヒカリをバックハグ!嬉しくて号泣寸前!

これから、絶対売れること間違えなしでしょう!



コシヒカリの実家の父TV番組出演!さんまと共演し感謝

餅田コシヒカリの実家は、宮城県仙台市で二人の兄とご両親の5人家族です。

2019年7月放送「痛快!明石家電視台」(MBS)「実際どうなん!?まだまだ売れていない女芸人」企画で出演した際には、娘を応援していますと明かしていました。

一番末っ子女の子、さぞかし可愛がられて育てられたことでしょう。

音楽一家の環境育ちのお嬢様が、芸人になるなんて父親は、反対するのかなと思っていましたが、応援してくれるのはとても心強いです。

TV出演後、お父様コメントしてました。

さんまさんと共演してメールや電話がすごい。職場でもおめでとうと言われます

むしろ、さんま効果に感謝していますと喜んでいました。

引用:お笑いナタリー

二人の関係は、とても仲良さそうですね。

お父様も素晴らしいオーケストラのトラペット演奏者なのですが、餅田さんが芸能人にならなかったこんな写真をとる機会もなかったことでしょう。

仲良し親子なのですね!



まとめ

男女ユニット芸人は、「相席スタート」「メイプル超合金」「パーパー」などいますが、女性が一発芸をするのが「駆け抜けて軽トラ」の面白さだと思います。

「顔はカトパン似、体型はパンパン」とても印象深い餅田コシヒカリさんでした。

これからも、テレビでお会いできるのを楽しみにしています。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク